icon_fb icon_tw icon_line icon_search

PARCO出版

おあげさん

著 平松洋子

「揚げ文学」ここに誕生。
油揚げ愛が溢れすぎる、史上初「油揚げのこと」ばっかりを書いた29編


豆腐を薄く切って油で揚げた「油揚げ」。
いつも冷蔵庫にあって「出しゃばらないのに頼もしい」という存在は理想の男性像のようでもあり。煮てよし、焼いてよし、そのうえ安い!と、いうことなし。ごはんのおかずやつまみにもなる万能ぶり。
日本独特のこの健康食に異常な愛を見せる平松洋子がおくる、史上初の油揚げ本。家族との思い出話、友人の打ち明け話、内田百閒の油揚げ、松山あげ、伊東のお稲荷さん、江戸時代の油揚げ、ミナミのきざみうどん、ショーケンから織田作之助まで。あふれる「揚げ愛」と食欲に満ちた偏愛本の極致、ここに。
油揚げにまつわるエッセイ、旅する油揚げエッセイ、油揚げ対談、日々の料理(お手軽レシピ)など29編(うち26編は書き下ろし)。


▶Amazonでの購入はこちら

版 型:
四六判変型
ページ:
240頁
本 体:
1,800円+税
発 行:
2022/6/10
ISBN:
978-4-86506-391-2

その他の書籍

もっと見る

もっと見る